MENU

突っ張り棒でBenQの4KプロジェクターTK800を天吊り設置

【スポンサーリンク】

工事無しなので、壁に穴開けて固定したり天井に穴開けて吊るしたりはしないで設置してみました。

こんな感じで、突っ張り棒によってプロジェクターを吊るした状態になります。
f:id:nyasu0123:20190106104454j:plain

スクリーン含めたホームシアター全体像は、以下をご覧ください。
b.tehepero-ron.com

天吊り金具の取り付け

GIBBON MOUNTSの天吊り金具にしたのですが、 金具の方は固定穴が3つで、プロジェクター(TK800)の方が4つと微妙に違いがありますが気にしないで取り付けます。
角度調節が付いた金具は、設置する際に重くなるのでここではまだ繋げません。

天吊り金具を固定中

突っ張り棒の設置

TK800の重量が4.2kg、天吊り金具が1.3kgで合計6kg程度でしかないのですが、簡単に投射位置がズレないでほしかったので安定性確保の面から2本で設置してます。
耐荷重が約20~40kgのものにしてみましたが、やはり落下が怖いので落下防止に防振ジェル(写真青色のやつ)を挟んで対策してみました。 しなりもあり案外大丈夫そう。

突っ張り棒と設置部分

突っ張り棒に天吊り金具の取り付け

突っ張り棒への取り付けは、天井固定用の金具をほんの少し幅広な結束バンドで4カ所を固定しました。結束バンド超便利!!
ヘタな付け方をすると、金具側の幅に引っ張られて、突っ張り棒がまっすぐにならないので注意なのです。
そしてその後に、最初に用意したTK800+金具部分を取り付けます。

突っ張り棒に天吊り金具を設置

TK800の配線

突っ張り棒と壁に這わせて行うのに、マジックバンドの結束バンドと固定用にケーブルクリップで行ってみました。とても簡単。
ケーブル整理はこのマジックバンド型がとても便利で良かった。

プロジェクター TK800の配線
壁の配線

まだ地震を経験していないので、どうなってしまうか分からないところはありますが、 設置前に考えていたよりは、手で揺らしてみたりの感触からしても全然大丈夫そう。
耐震ジェルは正解でしたね。

アイリスオーヤマ 防災グッズ 転倒防止粘着マット ブルー 防災 用品 災害グッズ ECT-5054

アイリスオーヤマ 防災グッズ 転倒防止粘着マット ブルー 防災 用品 災害グッズ ECT-5054