foobar2000でFlacからALAC(Appleロスレス)に変換する方法

【スポンサーリンク】

FlacをiPodで聞きたくてもFlac形式のままでは聞けないので。ALAC(Apple Lossless Audio Codec)やAAC(Advanced Audio Coding)への変更が必要。
(iPhone・iPadでも、ハイレゾ対応アプリがあればFlacでの視聴も可能。)
ITunesも早いとこFlac形式に対応してくれれば、こんなことしなくて済むのに。

--2017/10/07追記
iOS11でFlacに対応したみたい。でも使い方は困難な模様。

news.mynavi.jp

変換方法の流れは、デコーダをインストールして変換すればいいという感じ。

変換で使うデコーダは、

foobar2000のVersion 1.1.10からALACへ標準対応して、デコーダ「foo_input_alac」は不要とある
f:id:nyasu0123:20161009162639p:plain:w100
-foobar2000: Components Repository - ALAC decoder-

ですが、今(2016/10)の最新版v1.3.12では、「Free Encoder Pack」を入れることで変換ができるようになる。
「Free Encoder Pack」を使うことで変更可能になる拡張子は、以下8つ。

  • FLAC
  • Ogg Vorbis
  • Opus
  • Musepack
  • WavPack
  • AAC + Apple Lossless (qaac) - requires iTunes to be installed (read more...)
  • AAC (fhgaacenc) - requires Winamp to be installed (read more...)
  • Apple Lossless (refalac)

「Free Encoder Pack」をダウンロード&インストールする。

  1. foobar2000: Free Encoder PackサイトからEncoder Packをダウンロード。 この時の最新は2016-09-09。
    f:id:nyasu0123:20170729221858j:plain:w600

  2. ダウンロードした「Free_Encoder_Pack_2016-09-09.exe」を実行(ダブルクリック)しインストール。 (ユーザアカウント制御のダイアログが表示されるがそのまま続行。)
    「Distination Folder」は、foobar2000のインストール場所。変更していなかったらこのままでOK。変えていたらその場所をBrowseし「Next」ボタンをクリック。
    f:id:nyasu0123:20161009175508p:plain:w400
    「ALL」のまま、「Install」をクリック。
    f:id:nyasu0123:20161009181104p:plain:w400
    「Close」をクリック。
    f:id:nyasu0123:20161009181303p:plain:w400
    foobar2000フォルダに、encodersフォルダと各エンコーダがあることを確認。
    f:id:nyasu0123:20161009181956p:plain:w400

FLACからALACに変換する。

以下は変換元のファイル
f:id:nyasu0123:20161009193617p:plain:w400

  1. プレイリスト上で、全選択(Ctrl+aキー)し右クリックし、「Quick Convert」をクリック。
    f:id:nyasu0123:20170729215912j:plain:w600
    「Apple Lossless」を選択し「Convert」をクリック。
    f:id:nyasu0123:20161009213410p:plain:w400
    保存したい場所を選択し「フォルダーの選択」をクリック。
    f:id:nyasu0123:20161009215903p:plain:w400
    処理中。
    f:id:nyasu0123:20161009220921p:plain:w400
    処理完了すると以下結果が表示。
    f:id:nyasu0123:20161009221119p:plain:w400
    フォルダ内は以下。
    f:id:nyasu0123:20161009222324p:plain:w400
    これをiTunesのライブラリに登録すれば使用可能。

Convert設定をしてから、FLACからAACに変換する。

  1. プレイリスト上で、全選択(Ctrl+aキー)し右クリックし、「...」をクリック。
    Converterを設定する。 f:id:nyasu0123:20170729220240j:plain:w600
    「Output format」をクリック。
    f:id:nyasu0123:20161010002432p:plain:w400
    「AAC(Apple)」を選択し「Edit」をクリック。
    f:id:nyasu0123:20161010004652p:plain:w400
    「Variable Bit Rate(VBR)」のまま、「Quality」を「Best Quality(320kbps)」に設定し「OK」をクリック。
    f:id:nyasu0123:20161010005320p:plain:w400
    AAC(Apple)部分のSettingが変更されていることを確認し「Back」をクリック。
    f:id:nyasu0123:20161010005821p:plain:w400

  2. 次は、出力場所など変更したいので、「Destination」をクリック。
    f:id:nyasu0123:20161010010404p:plain:w400
    「...」をクリック。
    f:id:nyasu0123:20161010010827p:plain:w400
    「Sub-folder」: artist / album
    「File name」: nn.title
    を選択する。
    f:id:nyasu0123:20161010011131p:plain:w400
    「Back」をクリック。
    f:id:nyasu0123:20161010011601p:plain:w400

  3. 「Save」をクリックすると、「Saved presets」に入力欄が表示されるので、名前を設定する。今回は「aac-apple」を入力。
    f:id:nyasu0123:20161010012552p:plain:w400

  4. Convert設定ができたので、「Convert」をクリック。
    f:id:nyasu0123:20161010013043p:plain:w400
    保存したい場所を選択し「フォルダーの選択」をクリック。
    f:id:nyasu0123:20161009215903p:plain:w400
    処理中。
    f:id:nyasu0123:20161010014118p:plain:w400
    処理完了すると以下結果が表示。
    f:id:nyasu0123:20161009221119p:plain:w400
    フォルダ構成が、Convert設定した通りにできてる。
    f:id:nyasu0123:20161010014722p:plain:w400
    今後は、プレイリスト上で右クリックし「Convert」を選択したときに、先ほど作った「aac-apple」を選択できるようになる。
    f:id:nyasu0123:20170729220627j:plain:w600

ここまで。